【商品レビュー】 ★ADA モスコットン★ 【これは価値あり】

モスやシダを石や流木に巻きつける "単なる木綿糸" の紹介です




モス・ブセファランドラ・シダ(ミクロソリウム)などを
溶岩石や流木に活着させるために、固定しておく 糸 の紹介です。

固定させる物は基本的に何でもいいのですが、
主に 木綿糸・釣り糸(テグス)・ビニールタイなんかがあります。

その中でもとりわけ アクアデザインアマノ(ADA) は
2DCC8AD2-F6B3-459E-9831-755EA847DAE7.jpg
2929DEBB-2110-44D8-B186-E1B7373B81ED.jpg
モスコットンと称した緑色の糸を販売しております。
200m巻きで ¥600も! します。
※ADAの商品は基本的に正規販売店でか販売しておらず通信販売では購入できないばかりか、ADAの定価でしか販売してくれない・・・と聞いております

木綿糸を使用する利点として、水槽の中で溶けてなくなってしまいます。
ですのでテグスやビニタイみたいにずっと水槽内に残ることはなく
モスやミクロソが活着し終わった後は自然に活着した感じが出せることが
とてつもないメリットです。

ADAの代理店が近くにないよって方は

まったく持って代用可能と考えております
ってか価格を考えると むしろ こっちの方が・・・

ただ、このモスコットン!
糸巻きの形状が 円柱形状をしているので、モスを巻いているときに
糸が自然に出てきてくれて 非常に巻きやすいです!
だるま家庭糸を私も使用したことありますが
巻いている最中に糸を巻いている部分が ぽんぽん 荒びまくって正直巻きにくいです。
それに加えて糸巻きのところが 円柱形状 ではなくて 平面 ですので
糸が折れ曲がりの部分で 曲がり癖 が付いており
この曲がり癖が 巻いたり縛ったりするときに 非常に大きなストレスになります。

まぁいろいろな意見があると思いますが このモスコットン。
"私"は非常に使いやすいと考えております。
別にADA信者でもないですが、この糸は使いやすいですよ^^
こんなものに¥600もと思うかもしれませんが私は好きです。

テグスもだるま家庭糸もビニタイもモスコットンも
全て使用したことがありますのでモスコットンのよさをレビューしてみました!




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

この記事へのコメント