【水槽立上】 ★ブセファランドラを溶岩石に★ 【PART5】

まだまだ 水草紹介 として記事にはしていませんが・・・





【商品レビュー】 ★ADA モスコットン★ 【これは価値あり】の記事で紹介した
モスコットンでブセファランドラを 巻き巻き していきますよ^^

ブセファランドラの中でも私が一番最初に購入したブセファランドラは
何を隠そう クダガン(クダカン)"Kedagang" です!
水草紹介の記事はまた後日改めて行うとして・・・
早速巻きつけ開始です!

DSC00115.JPG
まず溶岩石を用意して

DSC00116.JPG
私の場合は石の大きさに応じて
1~2株(多いときは4株ぐらい)程度を石に巻きつけていきます。

ココで巻きつけ開始なんですが
結構手が器用な人でも巻きつけるの大変ではないですか?
巻いている最中に株が落ちちゃったり なんかして
結構イライラしている時期が・・・・ ありました(the過去形!)

そんな大した コツ という コツ では全然ないのですが
巻きつける際に、糸の先端を口に咥えてから ぐるぐる巻きだし
ある程度 草体が固定ができたら糸をハサミで切って、口に咥えている先端と
切り口の先端を縛って終わり。

何気ないことなんですが、
糸を口に咥えて巻き始める
ということをやるようになってからは
結構要領よく巻きつけができるようになりました。

モスを流木に巻きつけたりするときも一緒です。
糸を口に咥えて巻き始めるだけです
少なくても私はそうすることで巻きやすくなりました。


DSC00118.JPG
巻き終わりました。

巻き終わり直後はなんだか汚らしい巻き方ですが
生長とともに草が勝手に形を整形していってくれます。
しかも根が活着した頃を見計らってモスコットンが溶けてくれるので
緑の糸はなくなります。

あっ
そもそもモスコットンが緑なのは巻きつけている期間も
極力 巻いてあるぞ というのを隠す お・も・て・な・し なのかもしれませんね。

当時1株¥4,000程度した"Kedagang"。
(1株¥4,000ということは↑の写真には2株あるので、ざっと¥8,000ということですよ)
正確には数えていませんが、たった一株のみの購入から増えに増え
現在では50株ぐらいになっています。

全部溶岩石にまきつけてある程度生長してきたらレイアウトのほうへと
移っていこうと思います。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

この記事へのコメント